楽天Edy

楽天Edyカードは無料で作れる!楽天Edyの作り方と無料発行方法ガイド

 

様々なリアル店舗においてスイスイ決済することができ、楽天スーパーポイントを貯めることができる楽天Edyカード。決済時のストレスを軽減するだけでなく、節約効果を高めてくれるというメリットもあり、普段使いしている方も多いことでしょう。

ところがこの楽天Edyカード、最低でも100円の費用を要するということには注意が必要です。なんとか無料で入手する方法があればいいなと思いませんか?

そこで、そんな楽天Edyカードの無料での作り方をシェアしていきたいと思います。たったの100円。されど100円です。こうした小さな部分への節約意識を高めることが、ひいては大きな結果を生み出すことにつながっていきますよ。

無料で手に入る!楽天Edyカードの作り方

楽天Edyカード楽天Edyカードは本来、発行するのに100円の手数料がかかります。デザインカードであれば、100円を超えるものもあります。せっかく節約効果を高めるために発行するのですから、できれば無料で発行できるに越したことはありませんよね。

これから楽天Edyを活用していこうかと考えている方はぜひ、以下を読み進めていただき、楽天Edyカードを無料で発行してみてください。

そもそも楽天Edyのメリットとは

さて、早速楽天Edyカードの作成の仕方を公開していきたいところですが、その前にまず、楽天Edyがどのように使い勝手が良いかを解説しておきましょう。

楽天Edyで決済ができる主な店舗やサービスとしては、以下のようなものがあります。

  • 楽天
  • Amazon
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • マクドナルド
  • ガスト
  • ロイヤルホスト
  • 紀伊国屋書店
  • ロフト
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • エディオン
  • ソフマップ
  • タリーズコーヒー
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店
  • 山内農場
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • クロネコヤマト
  • QBハウス
  • ANA

主要なコンビニを網羅しているのは嬉しいですね。楽天Edyはカフェや飲食店、家電量販店なども網羅し、ネット通販ではAmazonにも使うことができます。

私もAmazonにはお世話になっていますが、使い勝手の良いネット通販として、楽天の他にAmazonを普段使いしている方も多いのではないでしょうか。

楽天Edyの活躍場所は、リアル店舗のみに止まらないのです。それでは以下に、楽天Edyカードを無料で発行できる方法を紹介していきますよ。

1枚3役!楽天カードなら無料付帯が可能!

楽天カード
年会費無料
基本還元率1%
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
ETCカード年会費540円
家族カード無料

楽天Edyを無料で作る方法として、最もおすすめできるのは楽天カードの発行です。年会費無料で作成できるクレジットカードで、いつでもどこでも楽天スーパーポイントが1%で貯まる素敵な仕様になっています。

また、以下の3つの機能が一枚に集約されているため、財布の中身をスマートにする上でも一役買っているのが特徴です。

  • クレジットカード機能
  • 楽天Edy機能
  • 楽天ポイントカード機能

仮にクレジットカードの利用に抵抗がある方でも、楽天Edy機能や楽天ポイントカード機能を活用するためだけに発行するというのもありですね。

楽天ポイントを貯めることができる店舗においては以下の通り、ポイントの2重取りをすることができます。

  • 楽天Edy決済分のポイント:0.5%
  • 楽天ポイントカード提示分のポイント:1%

そう。系列店においては、決済方法にかかわらず、楽天カードを提示するだけでショッピングポイントを獲得できるのです。クレジットカードにこの機能が含まれているのは嬉しいですね。

もちろん、クレジットカードでの決済を厭わないという方であれば、還元率をさらに高めることができます。

  • 楽天カード決済分のポイント:1%
  • 楽天ポイントカード提示分のポイント:1%

もしくは、

  • 楽天カードから楽天Edyへのチャージ:0.5%
  • 楽天Edy決済分のポイント:0.5%
  • 楽天ポイントカード提示分のポイント:1%

上記の方法で、合計還元率は2%です。楽天カードには、楽天Edyへのクレジットチャージでもポイントの付与が受けられるというメリットがあります。

ただしこの場合、還元率は0.5%に落ちてしまうので、楽天Edy決済分、楽天ポイントカード提示分と合わせて2%です。

このように、年会費無料の楽天カードを発行しておくだけで、様々な活用法が生まれ、楽しく節約効果を高めていくことが可能となります。

楽天カードならSPUでポイントがザクザク貯まる

スーパーポイントアッププログラムあなたがもし、ネット通販を普段使いしている方であれば、楽天カードを発行しておいて絶対に損はありません。

というのも、楽天市場においては、SPU(スーパーポイントアッププログラム)という実にお得なキャンペーンがあり、楽天市場における買い物で得られる基本ポイントを1%とし、以下の条件を満たすことで、どんどん還元率が高まっていくのです。

  • 楽天カードで決済する(+2倍)
  • 楽天ゴールドカード楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードで決済する(+2倍)
  • 楽天モバイルを活用する(+2倍)
  • 楽天トラベルを活用する(+1倍)
  • 楽天市場のアプリを活用する(+1倍)
  • 楽天ブックス/楽天Koboを活用する(+1倍)
  • 楽天ブランドアベニューを活用する(+1倍)
  • Rakuten TV/NBA/パリーグを活用する(+1倍)

仮にすべての条件を満たすことができれば、還元率は12倍になります。トータルの決済額が大きければ、12%で得られるポイントは相当な値に膨れ上がるのは想像に難くないことでしょう。

CMでも愛くるしいお買い物パンダが「ザクザク貯まる♪」とテンポよく歌っていますが、確かにあのパンダの言う通りです。とにかくポイントをザクザク貯めていきたいと言うことであれば、楽天Edyや楽天ポイントカードの機能を兼ね備えた楽天カードで決まりですね。

楽天市場で行われているキャンペーンを『楽天市場のお得なキャンペーンを紹介!楽天市場を利用するならキャンペーンを知っておこう!』の記事で更に詳しく紹介しています。

楽天カードは新規入会キャンペーンがアツい

楽天カード入会キャンペーンさて、是非とも楽天カードをチョイスしたいと言う方のために、耳寄りな情報をお伝えしたいと思います。楽天カードは新規入会キャンペーンが非常にアツく、新規入会および楽天カードの利用で、大量のポイントを一気に獲得できるチャンスに恵まれるのです。

キャンペーンページから正しく入会手続きを踏んだとしても、キャンペーンポイントの付与を享受する条件をクリアしていなければ、せっかくの大量ポイントをみすみす逃してしまうことも強調しておきましょう。

せっかく節約効果を一気に高めるチャンスなのですから、事前にしっかりとキャンペーン要項を理解し、獲得できるポイントはもれなくゲットしておきたいですね。

楽天カードの入会キャンペーン情報は『楽天カードに入会で8,000ポイントがもらえる時期を徹底解説!次の開催予測を紹介』の記事で更に詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
楽天カード
楽天カードに入会で8,000ポイントがもらえる時期を徹底解説!次の開催予測を紹介 年会費無料で1%の還元率を誇り、ポイントがザクザク貯まると評判の楽天カード。楽天カードマニアの私も実際に毎月ザクザクと楽天ポイン...

Androidアプリで楽天Edyを活用する

できれば新たにカードを作成したくはない。

そんなあなたにおすすめなのが、Androidアプリで楽天Edyを活用するという方法です。これならスマートフォンをかざすだけで決済ができますね。残念ながら、現段階ではiPhoneは対応していないので、今後に期待したいところです。

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー
楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー
開発元:楽天Edy株式会社
posted withアプリーチ

Androidアプリで楽天Edyを活用する方法は以下の通り。

  1. 「楽天Edy」アプリをダウンロードする
  2. 貯めるポイントを設定する
  3. チャージする

ちなみに、②の貯めるポイントを設定する場面では、以下の通り、様々なポイントを設定することができます。非常に使い勝手の良い電子マネーと言えますね。

  • 楽天スーパーポイント(デフォルト)
  • ANAマイル
  • Pontaポイント
  • au WALLET
  • Tポイント
  • ヨドバシゴールドポイント
  • エポスポイント
  • ビックポイント
  • マツキヨポイント

そして③のチャージに関してですが、ここで楽天Edyへのチャージの方法についても解説を加えておきましょう。チャージの方法としては、以下のようなものがあります。

  • 現金でチャージ
  • クレジットカードでチャージ
  • いつでもチャージ
  • オートチャージ
  • 楽天e-NAVIでチャージ

以下、一つずつ説明していきますよ。

現金でチャージ

レジやEdyチャージャーで現金チャージする方法です。主要なコンビニをはじめ、以下のような店舗に設置されているので、非常に使い勝手は良いと言えるでしょう。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • スリーエフ
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • デイリーヤマザキ
  • ミニストップ
  • ツルハドラッグ
  • くすりの福太郎
  • ウェルネス
  • WonderGOO
  • プロント
  • CAFFE SOLARE
  • 喫茶室ルノアール

現金チャージはオーソドックスな方法ではありますが、クレジットカードによるチャージのようなポイント還元のメリットはないため、節約効果を高めるという点ではそこまで推奨できるものではありません。

クレジットカードでチャージ

クレジットカードでチャージする最大のメリットはやはり、ポイント還元が得られるという点に尽きます。ただし、すべてのクレジットカードがポイント付与の対象となるわけではありません。

以下、楽天Edyへのチャージでもポイント還元のある主なクレジットカードを記載しましたので、ぜひ参考にしてみてください。なお、最も還元率が高いのは、リクルートカードの1.2%です。

  • リクルートカード:1.2%
  • タカシマヤセゾンカード:1%
  • 楽天カード:0.5%
  • エポスカード:0.5%

ここで鋭い方ならお気付きかもしれませんが、リクルートカードを活用すれば、楽天ポイントが貯まる系列店においてポイントの3重取りが成立し、還元率が2.7%に至ります。

  • リクルートカードから楽天Edyへのチャージ:1.2%
  • 楽天Edy決済分のポイント:0.5%
  • 楽天ポイントカード提示分のポイント:1%

リクルートカードは年会費無料で作成できるクレジットカードであることを考慮に入れると、お得感はひとしおですね。

いつでもチャージ

毎回毎回、楽天Edyにチャージするのが億劫だ。

そんな方には、いつでもチャージがおすすめです。3,000円や5,000円といった値を事前に設定しておき、1日1回まで所定の方法で受け取るというスタイルです。

毎回手続きをすることなく、おサイフケータイやファミリーマート、サークルKサンクス、Edyリーダーなどで受け取ることができますよ。

オートチャージ

こちらも毎回のチャージに気を遣わなくて済む方法です。ファミリーマートやローソンなどの店舗において楽天Edyによる決済をした際に、支払い前のEdy残高が設定金額以下の場合、自動でEdyがチャージされるという仕組みです。

ちなみに、いつでもチャージもしくはオートチャージの設定を行い、一定金額以上のチャージをすることで、ポイントがプレゼントされたり、獲得ポイントが数倍に跳ね上がるキャンペーンなどもあるため、ここでも節約効果を高めることができそうですね。

楽天e-NAVIでチャージ

こちらは楽天カードを保持している場合ですが、楽天会員サイトの『楽天e-NAVI』でEdyへのチャージを行うこともできます。

チャージするEdyを指定した上で、チャージ金額および、楽天カードのセキュリティコードを入力するだけです。非常にシンプルでいいですね。

設定後は、以下のいずれかの方法で受け取ることができますよ。

  • ファミリーマート店頭
  • パソコンのFeliCaポート/パソリ
  • iPhoneのパソリ

クロネコメンバーズに入会する

クロネコメンバーズに入会するえ、クロネコヤマトと楽天Edyが関係あるんですか?

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、クロネコメンバーズに入会することでも、楽天Edyカードを無料でゲットすることができます。

意外な盲点ですね。ちなみにクロネコメンバーズに登録することで、楽天Edyだけではなく、nanacoやWAONも選択可能なので、各種電子マネーをスタートさせたいと思っている方にはもってこいの方法です。

もちろん、荷物の受け取りや送付が楽になるといったメリットも合わせて享受することができます。これら複数の特典を無料で得られることを考えれば、クロネコメンバーズに入会しておいて損はありませんよ。

楽天プラチナ会員になる

楽天スーパーポイントを貯めている方の中には、日頃から会員ランクを意識している方も多いかと思います。楽天市場では、定められた条件をクリアすることにより、以下の会員ランクの称号を得ることができるのです。

会員ランク条件
ダイヤモンド楽天カード保有者限定、過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上獲得
プラチナ過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上獲得
ゴールド過去6ヶ月で700ポイント以上、かつ7回以上獲得
シルバー過去6ヶ月で200ポイント以上、かつ2回以上獲得
レギュラーポイントを獲得する

プラチナランクを達成すれば、楽天Edyカードを無料で発行できる権利を得ることができます。しかも、無料でゲットできるだけでもありがたいのですが、200円分のEdyまで付帯するという大盤振る舞いです。これはぜひ活用したいところ。

プラチナという単語を聞くと、なかなかハードルが高いのでは?というイメージを抱いてしまいがちですが、日頃からネット通販を利用している方であれば、決して厳しい数字ではありません。

  • 過去6ヶ月で2,000ポイント以上→1ヶ月あたり約334ポイント
  • 過去6ヶ月で15回以上ポイントを獲得→1ヶ月あたり約2〜3回

以上をご覧いただき、達成できそうなイメージを描くことができる方はぜひ、プラチナランクを目指してみてください。

ちなみにプラチナランクを達成することで、誕生月に500ポイントの付与が得られたり、特別優待のセール案内を享受できるといったメリットもありますよ。

楽天ポイントの貯め方は『楽天スーパーポイントの貯め方!効率良くザクザク貯める方法を解説!』の記事で更に詳しく紹介していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
楽天ポイントカード
楽天スーパーポイントの貯め方!効率良くザクザク貯める方法を解説! 楽天ポイントが日本でトップクラスのECサイトだというのは皆さん認める所だと思います。そんな楽天ポイントを毎日の買い物などで貯めて...

有料でもお得な楽天Edyカードの作り方

さて、ここまでは楽天Edyを無料で作成するという部分にこだわってきましたが、ここでは一転し、有料でもお得な楽天Edyカードの作り方を紹介していきたいと思います。

有料でもお得?どういうこと?

と腑に落ちない方もいるかもしれませんが、それは以下を読み進めていただければスッとご理解いただけることでしょう。

楽天市場でEdyを購入する

楽天市場まずは、『楽天市場』でEdyを購入するという方法をシェアしたいと思います。もちろん、購入というだけあって、実際にお金を支払って、楽天Edyを手に入れていきます。

一見、ここまでであれば、先ほど紹介した無料で楽天Edyカードを発行する方法に遅れを取るように感じますが、実はキャンペーンによって、楽天Edy費用分のEdyがもらえることがあるのです。

このキャンペーンを活用すればプラスマイナスゼロなので、実質無料で発行できたも同然ですよね。

もちろん、この方法はタイミングが鍵となるため、いつでも活用できるわけではありませんが、楽天市場をたまたま覗きに行った際に、こちらのキャンペーンが開催されていれば、迷わず購入してしまいましょう。

後はカードが届くのを待つだけなので、非常に楽な方法と言えますね。

プロントで楽天Edyを発行する

プロントプロントというカフェバーがあります。比較的大きな駅構内でも見かけることもあり、非常にオシャレな空間でゆったりとした時間を過ごすことができます。

実はこちらも系列店であり、楽天Edyカードを発行することが可能です。『プロン党Edy-楽天ポイントカード』という名称のプロントのデザインがプリントされた仕様です。

発行費用として通常の300円よりも高い500円がかかってしまうのですが、この最初のコストを凌駕するほどのメリットを後々享受することができます。

プロン党Edy-楽天ポイントカードで得られるメリット

プロン党Edy-楽天ポイントカードで得られるメリットは以下の通りです。

  • ポイントの2重、3重取り

プロントにおける会計時に、プロン党Edy-楽天ポイントカードを提示することで、以下の通り、ポイントの2重取りが成立します。

  • 基本ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)
  • プロン党特典ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)

また、楽天Edyの決済であれば、ここへさらに楽天Edy決済分のポイントが追加されます。

  • 基本ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)
  • プロン党特典ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)
  • 楽天Edy決済分として0.5%(200円につき1ポイント)

合計還元率は1.5%となり、お得感があります。

  • 毎月20日、30日は『プロン党の日』

毎月20日と30日は『プロン党の日』の特典として、プロン党特典のポイントが1.5%上乗せされます。楽天Edyでの決済を組み合わせれば、以下の通り合計還元率は3%に。

  • 基本ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)
  • プロン党特典ポイントとして0.5%(200円につき1ポイント)
  • 「プロン党の日」の特典として1.5%(200円につき3ポイント)
  • 楽天Edy決済分として0.5%(200円につき1ポイント)

毎月20日と30日は、プロントでカフェタイムを過ごしたいですね。

  • 楽天Edyでの支払いで昼夜いつでもドリンクが10%オフ

10%オフは非常に大きいです。仮にプロン党の日にドリンクをオーダーして楽天Edyによる決済をすれば、合計還元率は13%。

ポイントカードで得られる還元率としては驚愕の値と言えるのではないでしょうか。

  • 角Dハイが1.5倍に大増量

こちらはバータイム限定の特典。「角Dハイ」注文時に「プロン党Edy-楽天ポイントカード」を提示すれば、通常の1.5倍量の「ごひいきハイボール」にアップグレードとなります。

  • グラスワインが1.5倍に大増量

こちらも同じくバータイム限定です。「グラスワイン」注文時に「プロン党Edy-楽天ポイントカード」を提示すれば、通常の1.5倍量の「ミニカラフェ」にアップグレードとなります。

以上をご覧いただければお分かりのように、プロントファンの方であれば、十分に最初のコスト分を超えるメリットを得ることができそうですね。

まとめ

楽天Edyカードは普通に発行すると費用がかかってしまいますが、以下のような方法を取ることで、無料で発行することが可能となります。

  • 楽天Edy一体型の楽天カードを発行する(最もおすすめ)
  • クロネコメンバーズに入会する
  • 楽天プラチナ会員になる

楽天Edyは楽天やAmazonの他、様々なリアル店舗においても活用することができ、決済の度にポイントが貯まっていく便宜性と節約効果を兼ね備えた電子マネーです。

ぜひ本記事を改めて振り返っていただき、あなたにマッチした方法で、賢く楽天Edyカードを発行してみてくださいね。