楽天カード

楽天カードの審査基準を徹底解説!審査時間・落ちた人の口コミまとめ

 

楽天カードって審査基準は厳しい?厳しくない?

クレジットカードを申し込む際に気になるのが、どれくらいの期間でカードが手に入るのか、また審査はどの程度の基準なのかといったことではないでしょうか。

特にフリーターやパートといった方は、そもそも審査に通るかどうかという点において懸念があることでしょう。

楽天カードの審査で不安なあなたの為に、楽天系列において大きくメリットを得る上で必須とされる楽天カードに関し、審査基準を徹底解説していきたいと思います。

審査時間に関する情報はもちろんのこと、残念ながら審査に落ちてしまった方の生の声も集めていますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽天カードの審査基準

楽天カード何も楽天カードに限った話ではありませんが、各クレジットカード会社は基本的に、クレジットカードの審査基準を明確に公開しているわけではありません。したがって、○○という条件を満たしていれば確実に通る。といったことは断言できないのです。

ただし、限られた情報を集めた上で、ある程度の推測を立てることであれば可能です。

ここでは、楽天カードの審査基準に関し、どういう人なら通りやすいか、あるいはどういう人は通りづらいかといったことを解説していきたいと思います。

楽天カードへの入会条件

まず、楽天カードの入会条件を確認してみましょう。

  • 満18歳以上の方(主婦・アルバイト・パート・学生も可)
    ※高校生は不可

たったこれだけです。非常にシンプルでわかりやすいですね。高校生を除く、18歳以上の方であれば学生でも可能ということから、入会する本人の収入の多寡はそこまで重要視されていないことがわかります。

これは主婦でも入会可能という部分からも読み取ることができますね。保護者や配偶者に安定した収入を得ることができる方がいれば、収入面の問題はクリアできるというわけです。

アルバイトやフリーター、あるいは派遣社員の方でも問題なく作成することができるため、職業柄を必要以上に気にする必要はありません。その他、以下のような方でも申込資格があります。

  • 年金受給者
  • 60歳以上の方
  • 株式投資やFXなどの、収入が不安定とされているトレーダーの方
  • 個人事業主や自由業、事業者の方
  • 家賃収入を得ている方
  • 期間工や期間従業員
  • 夜の職業の方

一般的にクレジットカードの審査が通りづらいとされている職業の方でも問題なく申し込みができるのは嬉しいですね。

とにかく、収入が0でない限りはチャンスが見込めるので、何かしらの職業についていたり、実際に労働をしていなくても収入を得ている状況にあるのであれば、エントリーしてみる価値はありますよ。

資産があれば無職無収入でも通過可能

楽天カードの申し込み画面で着目したいのが、『お勤めされていない方』という無職向けの項目が用意されていることです。

ここでは、預貯金額を入力することができ、300万円以上の貯蓄がある方であれば審査に通る可能性は高く、100〜300万円を選択した方の中でも、実際に審査をクリアした実例もあります。

もちろん、審査の対象となるのは預貯金の内容だけでないことは言うまでもありませんが、無職の方でも、ある程度の蓄えがある場合は、楽天カードの申し込みをしてみても良いでしょう。

赤字の個人事業主でも可能性はある

さすがに赤字だと諦めるしかない…。」と思う方も多いかと思いますが、実は赤字の個人事業主でも審査に通る可能性はあります。

預貯金がゼロにもかかわらず無職で収入がない場合はお手上げかもしれませんが、個人事業主の場合は、お金の流れが生まれているのは確かで、クレジットカードの利用分を支払いにまわす余地があるためです。

ここまでをまとめると、以下のようなことがわかります。

  • 預貯金0で無職&収入なし→発行は難しい
  • 職業や収入にかかわらず、ある程度の預貯金がある→発行できる可能性あり
  • 赤字ではあるが、個人事業主としてビジネスを展開している→発行できる可能性あり

もちろん、これら以上に条件が良くなれば、楽天カードを発行できる可能性はさらに高まります。

預貯金さえあれば発行できる可能性がある点や、赤字でも個人事業主であれば審査の余地がある点などを考慮に入れれば、楽天カードは申込者に対してかなり心が広いと言えるのではないでしょうか。

楽天カードの審査時間・発行から到着までにかかる時間

すぐにクレジットカードを利用したい場合においては特に、審査時間はもちろん、審査を通過してから実際にカードが手元に届くまでの期間が気になることでしょう。

各クレジットカード会社によって、審査時間や発行までの期間は異なりますが、楽天カードの場合はどうなのでしょうか。

ここでは、楽天カードの審査時間やカード発行・到着までに要する期間について述べていきたいと思います。

楽天カードの審査時間

楽天カードの審査に必要な時間に関しては様々な意見が散見されますが、短い方で数十分程度、長い方だと1週間程度。両者にはかなりの開きがありますが、これは一体何の違いなのでしょうか。

最もシンプルに予想できる理由としてはこうです。

  • 審査が数十分で終わる→申請内容が良好かつ信用情報がクリア
  • 審査に1週間かかる→申請内容や信用情報についてより深く調べる必要がある

審査がものの数十分で終わるということはつまり、そこまで調べ上げる必要もなく、信頼に値する方であると即時に判断された証拠です。

逆に、審査に1週間の期間を要するというのは、本当にクレジットカードを発行しても良い方かどうかを確認するために、様々な情報を収集し、じっくりと検討しなければならないということでしょう。

これはクレジットカードを発行する側からすれば当然のことです。クレジットカードの仕組みはそもそも、クレジットカード会社が一時的に支払い金額を立て替えるというもの。つまり借金です。

信用できない人にお金を貸すのは誰だって抵抗がありますよね。お金を貸す側は、「返済されないかもしれない」というリスクを背負うわけですから、お金を貸すのであればより信頼できる方に。と考えるのは当然の流れ。

以上をまとめると、楽天カードの審査時間は、申込者の申請内容や信用情報における信頼度合いによって変わるということが言えそうです。

過去の信用情報に特に問題のない方であれば、申し込み後すぐにでも審査結果が開示されると考えておいて良いでしょう。

ただし、土日祝日のような、クレジットカード会社が営業していない日においては、たとえエントリーしていても審査は進みません。つまり、土日祝日のいずれかに申し込みをした場合は、次の営業日から審査が開始されると思っておいてください。

楽天カードが到着するまでの期間

それでは、無事楽天カードの審査がおりたとして、実際にカードが自宅に到着するまでには、どれくらいの期間をみておけばよいのでしょうか。

実は楽天カード申し込みから、実際に発行されるまでの流れは以下のようになっています。

  1. WEB受付
  2. 審査
  3. 本人確認
  4. 可否判定
  5. カードの発行
  6. 開始手続き・カードの追加

ちなみに審査の進み具合については、楽天カード申し込み時に送られてくるメールに記載されているURLか、楽天の公式ホームページからも確認することができます。

申し込みをして数日が経つのに返事がない…。」という方は、こちらから進捗状況を確認することをオススメします。

②の審査を通過し、③の本人確認で問題がなければ、いよいよカードの発行となります。この段階で楽天から送られてくるメールには、通常1週間程度でお届けといった記載があるため、楽天カードが到着するまでの期間は、承認されてからおおよそ1週間と考えておけば良いでしょう。

ただし、年末年始やゴールデンウィークなどの連休が重なる場合や、審査状況、配送地域などによっては到着が遅れる可能性があることも想定しておきましょう。

楽天カードの審査に落ちた人の口コミ

楽天カードの審査は比較的難しくない」との声もありますが、実際に審査をクリアできなかった方々がいるのも事実です。

そこでここでは、楽天カードの審査に落ちた人の口コミをピックアップし、彼らがなぜ審査を通過することができなかったのかという点について考えていきたいと思います。

これから楽天カードを発行する方であれば、拾っておいて損はない情報ですよ。

借金がないのに楽天カードの審査に落ちた事例

まず最初に、借金がないにもかかわらず、比較的通りやすいとされている楽天カードの審査に落ちた事例をYahoo!知恵袋から紹介します。

楽天カード審査、落ちました!
理由は考えればつきないですが、基本借金ないし、楽天銀行に貯金あるし、取引あるし、結局なんだかわかりません。
マスターカード付きのパターンがだめだったので、JCBでやり直そうかと。結果は同じですか?出典:Yahoo!知恵袋

借金もなく、楽天銀行における預金や取引があるのに落ちてしまった方の声です。なぜ、審査が通らなかったのかが不思議なくらいですね。

ちなみにこの質問者の方の声に対し、別ブランドでの申し込みをしたところで、半年以内なら結果は同じという声が複数ありました。楽天カードについては、VISA、MasterCard、JCBのいずれのブランドにおいても、審査をするのは同じ楽天KCであることが理由です。

ちなみに半年以上の期間をあけた上で、本人の属性が良好になっていれば、審査に通る可能性は出てきます。

また、興味深い回答として、信用情報機関が入会特典のポイント付与狙いを警戒している傾向があるという意見が見受けられます。

つまり、たとえ借金履歴がなく、クレジットカード利用履歴(クレヒス)が良好だったとしても、短期間にわたって複数のクレジットカードの申し込みがあれば、ポイント獲得目的とみなされ、審査に落ちてしまう可能性があると予測できるのです。

これはたとえ本人にポイント狙いの意識がなくとも、審査する側からすればそのように見えてしまうのが事実。楽天カードを発行する際には、過去数カ月の間に、他社のクレジットカード発行履歴がなかったかどうかを振り返ってみることをオススメします。

初めての申し込みなのに否決された事例

続いて、クレジットカードへ申し込みするのが初めてにもかかわらず、否決されてしまった方の事例を紹介したいと思います。こちらもYahoo!知恵袋に掲載されている体験談です。

楽天カードについて
先日楽天カードに申し込みをしたのですがダメでした
初めてのカード申し込みでダメだったのでなぜかわかりません
過去にはローンなどもしたことないのですが

25歳
会社員
勤続3年
年収300万
賃貸マンション2年

しかし会社が株式会社とかではなくて個人経営の会社なのでそれが悪いのでしょうか?
出典:Yahoo!知恵袋

勤続3年で年収も300万円以上ある方の声です。学生やフリーター、主婦の方でも審査に通る事例があることを考えれば、この辺りは否決のポイントにはならなさそうです。

また、赤字の個人事業主でも審査に通る可能性があるという事例を振り返ってみても、個人経営の会社であるという部分がマイナスとなっている可能性も低いと思われます。

そこで考えられるのが、この方が25歳までに一度もクレジットカードを持ったことがないという点です。

え、一度も持ったことがなければ、すごくクリアだと判断されるのでは?

そう思う方がいるかもしれませんが、実はある程度の年齢にもかかわらず、一度もクレジットカードの利用や履歴がない場合は、逆に信用できる材料がないと見なされ、審査において不利に働くケースがあるのです。

こういう方はスーパーホワイトと呼ばれています。聞こえは非常に良いのですが、信用情報機関にクレジットカードの履歴が残っていないため、審査側は適切に判断を下すことができないのです。

ちなみにここでポイントとなるのが、過去にクレヒスに傷がついてしまい、その後5年が経過した方についても、信用情報における履歴が残っていないということ。

これはつまり、一度もクレジットカードの利用がない方が、過去に傷を負って5年以上が経過した方とみなされてしまう余地があることを示しています。両者の違いをデータ上では判別することができないため、全く情報がない方は、リスクがあるとして見送られてしまうこともあるのですね。

再入会しようとして審査に落ちた事例

最後に紹介するのが以下の事例です。こちらも、Yahoo!知恵袋からの声を拝借しています。

楽天カード審査落ちしました。
5年ほど前に、楽天カードを自ら返却しました。そして先日紹介メールが来たので申し込みしたら審査落ちです。他に4枚ほどカード所有しており、遅延等ありません。出典:Yahoo!知恵袋

過去に遅延などがないにもかかわらず、審査落ちしてしまったケースです。他にクレジットカードを所有していることに加え、一度楽天カードの審査をクリアしている履歴があることを考えると、否決された理由が気になるところですね。

複数のクレジットカードを同時に所有しているからでは?と目をつける方もいるかもしれませんが、この質問者の声に対して回答している方の中に、さほど使ってもいない12枚のクレジットカードを同時所有している方がいます。

この事実を考慮に入れると、クレジットカードの発行枚数自体は、審査に影響するとは考えにくいですね。

それではどういった理由で審査落ちしてしまったのでしょうか。このケースにおいては『楽天カードを自ら返却した』という点に問題があると思われます。

楽天カードに限った話ではありませんが、どうやらクレジットカード会社は、一度自ら退会してしまうと、その後の再入会を認めない傾向が強いようです。

したがって、一度申し込んだカードを退会・返却する際には、もう二度とこのカードを作成することができないかもしれないと腹を括っておいた方が良いと言えるでしょう。

ちなみにこの質問者の方、再入会ができなかったタイミングにおいて、楽天PointClubのプラチナ会員だったようです。このことから、楽天PointClubの会員ランクは、審査に影響を与えないのではないかということが予測されることを追記しておきます。

楽天カードの審査に通る為の条件や気を付けたい事

さて、ここまで楽天カードの審査基準や審査に落ちた人の口コミに関して様々な情報や事例を紹介してきましたが、審査を無事に通すための条件や気をつけるべきポイントについて、ここでまとめておきたいと思います。

どうせ申し込みをするのであれば、少しでも承認される確率を上げて臨んだ方がいいのはいうまでもありません。エントリーをする前に、以下に紹介する項目について改めて確認しておきましょう。

収入・貯蓄面で気を付けたいこと

まず、収入や貯蓄面で気をつけておきたいポイントに関してですが、大学生や専門学生の方、主婦の場合は特に気にすることもないと言えそうです。

なぜなら、学生であれば保護者の承認があれば通過することがほとんどですし、専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入があれば何ら問題ないからです。

あるいは、たとえアルバイトやパート、派遣社員などでも、本人が働いていて、収入があることを証明することができれば、年収額はそこまで気にかけることはありません。とにかく、働いていて収入があるということがポイントとなります。

これは、赤字にもかかわらず、個人事業主の方が審査に通過する可能性があることからもお分かりでしょう。

前述の通り、たとえ申込者本人が働いておらず、定期収入がなかったとしても、預貯金があることを示すことによって、審査に通過する例というのもあります。

300万円以上の預金額を提示することで確率が上がるため、ある程度見栄えがする額を準備した上で、楽天カードへの申し込みをすると良いかもしれません。

クレヒスで気を付けたいこと

当たり前の話ではありますが、クレジットヒストリーが美しいに越したことはありません。クレジットカードの毎月の支払いはもちろん、携帯電話料金の支払いについても注意が必要。

引き落とし指定口座の残高に相当の余裕があればいいですが、そうでない場合、うっかり残高不足を招いてしまう可能性もあります。

クレジットカード会社や携帯電話会社によっては多めに見てくれるケースがあるかもしれませんが、1回でも残高不足を起こした場合、それがきちんと履歴として残されてしまうリスクももちろんあります。

いかに日頃のお金の管理が重要であるかを思い知らされる例ですね。日々の自己管理が、ひいては他者からの信頼に繋がっていくことを肝に銘じ、毎月の支払いを遅延なく行っていきましょう。

とはいえ、クレヒスに傷があるからといって必ずしも審査に落ちるとは言えませんし、もしかすると、ついていたと思っていた傷が残っていないという可能性もあります。気になる方は、自身の信用情報を開示することもできるので、事前に調べておくのも方法の一つです。

ちなみにインターネットか郵送による情報開示であれば1,000円、窓口における開示であれば500円の手数料で情報を得ることが可能ですよ。

他社クレジットカードの発行履歴に関して気を付けたいこと

Yahoo!知恵袋の声にもありましたが、比較的短期間で複数のクレジットカードの審査を通そうとすると、無理がかかる場合があります。これはいかに、申込者本人の申請内容がクリアでかつ、クレヒスが良好であったとしても引っかかってしまう部分です。

もちろん、新規入会で付与されるポイントを狙うことは決して悪いことではないのですが、複数のクレジットカード会社に対し、むやみやたらに申し込みをしていると見なされることには問題が生じてしまいます。

仮にいくつかのクレジットカード会社からのポイント付与を得たいと思っていても、複数のメリットを享受するためにはある程度の期間が必要です。最低でも半年〜1年程度の期間をあけた上で、エントリーする必要があることを覚えておきましょう。

勤続年数や居住年数にも注意を払う

クレジットカードの申し込みをする際に、勤続年数や居住年数を問われる項目があります。これはもちろん審査の材料として用いられ、勤続年数や居住年数が長ければ長いほど、この項目における信頼度は高いと言えます。とは言え、勤続年数や居住年数を偽るのはナンセンス。

ポイントとしては、就職したてのタイミングや、転職して間もない頃にエントリーするのは避けた方が無難ということ。審査に通過する確率を上げたければ、最低でも1年以上の勤続を経てから、審査に臨むと良いでしょう。

居住年数についても同様です。この点に関しては、実家在住の方はお得と言えます。また、これから一人暮らしを考えている方であれば、引越ししてから申し込みをするより、実家にいる間にエントリーしてしまった方が安定感は強いでしょう。

キャッシング枠は0が理想

楽天カード申し込みにおける項目に、キャッシング枠があります。いざという時に、どれくらいの額まで借り入れが出来るようにしておきますか?ということですね。

いうまでもなく、設定額が低ければ低いほど、審査においては有利です。仮にキャッシングを希望するのであれば、審査が少々厳しくなることを承知しておきましょう。

審査に通過することを第一優先に考えるのであれば、ここは迷わず0を選択し、少しでも承認される確率を上げておきたいところですね。

まとめ

楽天カードは他の様々なクレジットカードと比べても、審査を通しやすいカードと言われています。とは言え、さすがに信用度の低い方や、申請内容に引っかかる点がある方は審査に落ちてしまうので、申し込みの前には、本記事を十分にチェックしていただき、一発通過を狙いましょう。

本文に記載したように、仮に1度でも審査に落ちてしまうと、最低でも半年間は期間を空けなければ、再びエントリーしても承認を得るのは難しいです。

Yahoo!知恵袋を覗いてみても、たくさんの方の経験談が見受けられるので、ぜひ生の声も合わせて参考にしていただき、エントリーする前の準備に役立ててみてください。