楽天カード

楽天カードの国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBどれを選ぶべき?

 

楽天系列においてザクザクとポイントを貯めることができる楽天カード。年会費無料で1%の基本還元率を誇ることもあり、楽天系列以外でも使い勝手が良いのが特徴です。

さて、そんな楽天カードですが、主要な国際ブランドであるVISA・JCB・MasterCardの3つをおさえているのも見逃せない魅力の一つです。

うーん…国際ブランドってどれを選んで良いかよくわからない。

と思う方も多いでしょう。実は国際ブランド間で、少々スペックが異なる部分もあるのです。

そんな楽天カードの各種国際ブランドの違いを示すとともに、どれを選択すべきかを解説していきたいと思います。

国際ブランドは一回選択すると後で変更することはできません。発行する前にそれぞれの違いを十分に把握し、最もメリットが得られる一枚を選んでくださいね。

楽天カードの国際ブランドは3種類から選択可能!

楽天カード楽天カードで選べる国際ブランドは冒頭でお伝えしたように以下の3種類です。

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

どの国際ブランドを選んでも、年会費や基本還元率、楽天市場で得られるメリットなどに差はありませんが、だからといってよくわからないままに選んでしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

楽天カードでは、国際ブランドによって以下のような項目において差が生じます。

  • 使い勝手(加盟店の数)
  • 対応している電子マネー
  • カードデザイン
  • ダイニング・トラベル特典

早速、一つひとつに関して、次項で解説していきましょう。

使い勝手

国際ブランドが違えば当然、決済ができる加盟店の数も異なります。もしかしたら国際ブランドによっては、決済できない場面にも出くわすかもしれません。

ちなみに私は、一時期JCBのクレジットカードしか持っていない時期がありました。

ある日、お気に入りの方がネットで出している商品を購入しようとしたところ、VISAかMasterCardのクレジットカードしか決済に対応していないことが判明したのです。

泣く泣く購入を諦めたのは言うまでもありません。そこまで頻度は多くないとはいえ、決済できない場面があると、不便さを感じてしまいますよね。

VISAかMasterCardのクレジットカードを一枚も所有していない方であれば、まずはどちらかを発行しておいた方が無難だと言えるでしょう。

電子マネー

昨今では、ありとあらゆる支払いが電子マネーで行えるようになりました。普段あまり、現金を持ち歩いていないという方も多いのではないでしょうか。

楽天カードでは、国際ブランドによってチャージに対応している電子マネーが異なります。チャージでポイント付与があるのは楽天Edyとau WALLETです。

楽天Edyに対応
  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
au WALLETに対応
  • MasterCard

特に、あなたが普段使いしている電子マネーがある場合、国際ブランドの選択によっては非常に使い勝手が良くなり、ポイントの2重取りといったチャンスも生まれるかもしれませんね。

デザイン

たとえ会計時にしか出さないカードと言えど、そのデザインにはこだわりたい。そう感じている方もいることでしょう。

楽天カードは国際ブランドによって、選べるカードデザインが異なります。

VISA
  • 通常デザイン
JCB
  • 通常デザイン
  • お買い物パンダデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天ゴールデンイーグルスデザイン
  • ディズニーデザイン
MasterCard
  • 通常デザイン
  • お買い物パンダデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天ゴールデンイーグルスデザイン

お気に入りのデザインの楽天カードを選択することができれば、クレジットカードを見る度に気分が上がりますよね。

楽天カードの選べるデザインについて『楽天カードは選べるデザインが豊富!気になる楽天カードデザイン特集!』の記事で更に詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
楽天カード
楽天カードは選べるデザインが豊富!気になる楽天カードデザイン特集! 楽天系列においてポイントをザクザク貯めることができる楽天カード。楽天を活用する方であれば、発行しておかないと絶対に損とも言える一...

ダイニング・トラベル特典

選択する国際ブランドによっては、他の国際ブランドでは得られないメリットを享受できることもあります。

たとえば楽天カードの場合、MasterCardでダイニングやトラベル関連においてお得感があります。こうしたジャンルに関心があり、普段使いしている方であれば、VISAやJCBを選択した場合と比較して、より大きな節約効果を生み出すことができるでしょう。

楽天カードの国際ブランドそれぞれのメリット

それではここで、具体的に楽天カードの国際ブランドそれぞれのメリットをみていきたいと思います。前述したように、加盟店の数や電子マネー、デザイン、ダイニング&トラベル特典など、注目したい項目は様々です。

あなた自身が大切にしたいポイントは何なのかを意識しながら、以下を読み進めてみてくださいね。

VISA

VISAは『Value Issuer Service Area』の頭文字を取った名称です。本社がアメリカにあり、国際的にも使い勝手の良いブランドとして有名です。

発行枚数や決済額でみると、VISAが圧倒的であることは間違いありません。ちなみにクレジットカードの売上高のシェアはVISAが約56%と断トツで、他の国際ブランドの追随を許しません。

初めて作るならVISA!決済できない場面がほぼ皆無

VISAの魅力はやはり、その圧倒的なシェアにあります。世界中のありとあらゆる場面で決済することができるため、使えなくて困るといったことはほとんどないと言えます。

ひとまず一枚でもVISAを発行しておけば、私のように決済の場面で悔しい思いをすることもありませんよ。

MasterCard

お金で買えない価値がある。買えるものはMasterCardで』という有名なコピーで知られるMasterCardブランド。

VISAに次いで世界2位のシェアを誇るMasterCardも、VISAに若干の遅れを取るとはいえ、決済できずに困ることはほとんどないと言っても良いでしょう。

特徴としては、MasterCardならではの様々な特典があること。実際に、楽天カードのMasterCardを選択すれば、VISAやJCBでは得られない価値を享受することができますよ。

複数のデザインが選べる

楽天カードには、通常のデザインだけでなく、以下のようなデザインが施されたカードがあります。

  • お買い物パンダデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天ゴールデンイーグルスデザイン

MasterCardを選ぶと、通常デザインの他、これらのデザインからも自由に選択することができますよ。

au WALLETへのダイレクトチャージが可能

au WALLETプリペイドカード電子マネーのau WALLETを普段使いしている方であれば、MasterCardを選んでおいて間違いはありません。というのも、MasterCardであれば、au WALLETへのダイレクトチャージによって、ポイント付与を得ることができるためです。

もちろん、チャージしたau WALLETで決済することで、ポイントの2重取りが成立します。使い勝手もさることながら、節約効果をあげる上でも役立ちますね。

ダイニング・トラベル特典を享受できる

グルメや旅行に関心のある方も、ぜひMasterCardを選んでみてください。以下の通り、ダイニング&トラベル関連のメリットを享受することができます。

  • 食べログに掲載されている全国約600店舗のレストランで優待
  • エクスペディアで海外ホテル予約で9%オフ
  • Reluxで50,000円以上の予約をすると、20%オフクーポン(初回のみ)&5,000円オフクーポン(何度でも)プレゼント

利用頻度が多ければ多いほど、お得感はどんどん増していきます。

いずれもVISAやJCBでは得られない特典なので、MasterCardならではのメリットとして、存分に活用していきましょう。

JCB

JCBは日本で発足した唯一の国際ブランドで、『Japan Credit Bureau』の頭文字をまとめた略称です。

VISAやMasterCardに比べると、海外では加盟店の数や決済できる場面では遅れを取りますが、東京ディズニーランドとは深い結びつきがあり、ありとあらゆる支払いがJCBができるという特徴があります。

複数のデザインが選べる

JCBを選ぶとMasterCard同様に、通常デザイン以外の楽天カードも候補に入れることができます。また、JCBならではのデザインとして、ディズニーデザインがあります。ディズニー好きにはたまらないですね。

通常デザイン以外を選べないのはVISAのみです。したがって、以下のデザインのカードを入手したければ、JCBを選択すると良いでしょう。

  • お買い物パンダデザイン
  • FCバルセロナデザイン
  • 楽天ゴールデンイーグルスデザイン
  • ディズニーデザイン

まとめ

楽天カードは国際ブランドによって、使い勝手やデザイン、対応している電子マネーやダイニング・トラベル特典などにおいて違いが生じるクレジットカードです。

ぜひ、本記事を改めておさらいしていただだき、あなた自身が大切にしている項目におけるメリットを享受できる国際ブランドを選んでください。一度国際ブランドを決定してしまうと、後で変更することはできないので、注意しましょう。