楽天カードの作り方を解説!手順・必要なもの・お得な作り方ガイド!

 

初めまして、楽天カードマニアと申します。私は楽天カードの魅力に惹かれ、日々楽天カード等を利用して毎年10万ポイント前後を貯めています。

楽天市場を始め、楽天グループを利用しているのに楽天カードを持っていないのは間違いなく損!!!

すでに楽天市場等を利用しているなら今すぐにでも年会費が無料の楽天カードを発行しましょう。楽天カードを利用すれば、私のように10万ポイントとはいかないまでも、楽天ポイントだけで欲しいものが購入できるようになれます。

そんな楽天カードの作り方や、手順・必要なものを詳しく解説していきます。

楽天カードを申し込む時につまづきやすいポイントや、お得に作る上での知識などをシェアしますので、これから楽天カードの作成を考えている方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。

楽天カードの作り方手順

楽天カード楽天カードの作り方の流れをシンプルに示すと以下の通りとなります。

  1. Web上で楽天カードの申し込みをする
  2. 楽天カード側で入会審査が行われる
  3. 審査通過後、カードが送付される

特に難しいことはなさそうですね。以下、楽天カードの申し込み〜審査、そしてお得な作り方についての解説を進めていきましょう。

楽天カードに申込む時に必要なもの

楽天カードの申し込みをする上では、以下のものが必要となります。

  • 楽天会員ID
  • 振替用の銀行口座
  • 身分証明書(楽天カード受け取り時)

銀行口座と身分証明書に関しては、Web上の申し込み時には必須ではありませんが、銀行口座は準備ができていた方が手続きがスムーズです。

一方、楽天会員IDは申し込み時に必須なので、あらかじめ発行しておくと良いでしょう。

楽天会員IDでログイン|持っていない場合は作成

楽天会員Web上の申し込みをはじめるにあたり、まず求められるのは楽天会員IDによるログインです。前述の通り、この会員IDを発行していないことには、一切の手続きを進めることができません。

まだ発行していないよ。という方に関してはまず、楽天会員になるところからがスタートとなります。

楽天会員の登録をする

楽天会員登録楽天会員の登録を進める上で必要なものはメールアドレスだけです。入会費・年会費ももちろん無料ですし、Webで簡単に登録を済ませることができます。

ちなみに楽天会員に登録することで、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどの様々なサービスを利用することができるようになり、楽天スーパーポイントを貯めていくことも可能となります。

まだ楽天会員に登録していない方は、こちらから登録可能です。

楽天系列のサービスを使えば使うほど会員のランクも上がり、ランクに応じたセールやクーポンなどを受け取ることもできますよ。

楽天カードは受け取り時に身分証明書が必須

無事に楽天カードの審査を通過し、郵送でカードが送られきた際には、身分証明書を必ず提示する必要があります。

楽天カードは基本的に、郵便局か佐川急便が届けにきてくれますが、いずれにしろ、身分証明書の提示が必要なタイプの書類として送られてくるのです。

利用可能な身分証明書としては、運転免許証や保険証、パスポートなどの国が発行しているものに限られるため、有効な身分証を手元に準備しておきましょう。

楽天カードはPINKカードと通常のカードがある

楽天カード 種類楽天カードには、通常のカードの他に楽天PINKカードがあります。

還元率や年会費等の基本的なスペックは楽天カードも楽天PINKカードも同じですが、楽天PINKカードは女性向けの可愛いデザインが施されており、女性特有のメリットを享受できる仕様になっています。

とはいえ、女性限定のカードというわけでもないので、男性でも楽天PINKカードを選ぶことはできます。

通常の楽天カードの特徴や実際のユーザーからの評判は『楽天カードの評判は?気になる特徴とメリット・デメリットを徹底検証』の記事で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
楽天カード
楽天カードの評判は?気になる特徴とメリット・デメリットを徹底検証 どうも、楽天カードマニアです。私は楽天カードをメインカードとして利用して毎月ザクザクと数万ポイントを貯めています。 そんな...

楽天PINKカードで得られる特典

楽天PINKカード楽天PINKカードには、楽天PINKサポートという格安保険が用意されています。オプションで月額料金を支払うことにより、以下のようなプランを選択することができます。

  • 女性特定疾病補償プラン(月30円〜)
  • ケガの補償プラン(月240円)
  • 携行品損害補償プラン(月330円)
  • 個人賠償責任事故補償プラン(月220円)

ご覧の通り、かなりお手頃な価格帯となっていますので、保険には入っておきたいけれど、「高額なランニングコストは辛い…。」という方にとっては嬉しい特典と言えます。

保険関連以外では、月額324円で楽天系列を優待価格で利用できるプランや、同じく月額324円で110,000を数える様々な店舗やサービスにおいて割引を享受できるプランなどもあります。

こうした各種プランに関心がある方は、楽天PINKカードをチョイスすると良いでしょう。

楽天PINKカードの評判や特徴については『楽天PINKカードの評判や特徴は?得られるメリット・デメリットを解説!』の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
楽天PINKカード
楽天PINKカードの評判や特徴は?得られるメリット・デメリットを解説! 楽天系列で多大なメリットを享受することができる楽天カード。その楽天カードの種類の中に、主に女性向けに作られた楽天PINKカードが...

国際ブランドを選択する

楽天カード 国際ブランド選択楽天カードの国際ブランドは、主要な3つから選択できるようになっています。選べる国際ブランドは以下の通り。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

国際ブランドごとに、何がどのように違うんですか?

そんな疑問をここで抱く方もいるかと思いますが、基本スペックや楽天市場のキャンペーンで得られる特典などは、すべての国際ブランドにおいて共通です。

ただし、楽天カードから電子マネーへのチャージや楽天カードのデザインなどに関しては、各種国際ブランド間で多少の違いがありますので、ここではその違いを把握していきたいと思います。

MasterCardならau WALLETへのダイレクトチャージが可能

MasterCardならではの特徴として、電子マネーのau WALLETにダイレクトチャージが可能なことが挙げられます。

チャージによるポイント付与も得られるので、チャージしたau WALLETで支払いをすることで、ポイントの2重取りが成立します。

VISAかJCBだと、一旦楽天バーチャルプリペイドカードを経由しなければ、au WALLETにチャージすることができません。したがって、au WALLETを普段使いしている方であれば、MasterCardを選ぶのが良いですね。

MasterCardかJCBなら複数のデザインが選べる

どうせクレジットカードを持つのであれば、デザインにもこだわりたい。

そう考えている方も多いことと思います。

楽天カードには、通常デザインの他に、お買い物パンダやFCバルセロナ、楽天ゴールデンイーグルスなどのデザインが用意されています。

これらに対応しているのは、MasterCardとJCBブランドです。VISAは通常デザインのみの発行となるため、通常デザイン以外のカードが欲しい方は、MasterCardかJCBをチョイスしましょう。

ただし、新たに登場したディズニーデザインはJCB限定となっています。

MasterCardならダイニング・トラベル特典を享受できる

MasterCardが提供している特典に、ダイニング・トラベル特典があります。

楽天カードのMasterCardを選ぶことで、以下のようなメリットを享受することができます。

  • 食べログに掲載されている全国約600店舗のレストランで優待
  • エクスペディアで海外ホテル予約で9%オフ
  • Reluxで50,000円以上の予約で20%オフクーポン(初回のみ)&5,000円オフクーポン(何度でも)プレゼント

旅やグルメに関心のある方であれば、MasterCardを選んでおくことで、大幅割引のチャンスを得ることができそうですね。

使える店舗数ならVISA

クレジットカードを使うことができる店舗数という観点からすれば、VISAの右に出る国際ブランドはありません。

それもそのはず。クレジットカードの売上高のシェアをみると、VISAが約56%と断トツの1位なのです。

世界中のありとあらゆる場面で決済が可能なので、VISAで決済ができずに困るといったことはまずないかと思います。

楽天カードの国際ブランドの選び方について『楽天カードの国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBどれを選ぶべき?』の記事で更に詳しく解説しています。

あわせて読みたい
楽天カード
楽天カードの国際ブランドはVISA・MasterCard・JCBどれを選ぶべき? 楽天系列においてザクザクとポイントを貯めることができる楽天カード。年会費無料で1%の基本還元率を誇ることもあり、楽天系列以外でも...

必要事項入力

楽天カードの国際ブランドやカードデザインを選択した後は、いよいよ必要事項の入力に移っていきます。入力すべき情報は多いですが、ここで大切なのは事実をありのままに記載するということです。

審査をパスしたいという気持ちが先行するあまりに、項目によっては虚偽の内容を記載したり、数値を盛って申請したりしたくなるのも分かりますが、基本的に信用情報はカード会社に筒抜けだと思っておきましょう。

嘘を記載していることがバレたら、それこそ信用を失って審査を通過するのが難しくなってしまいます。

※注意:他社からの借り入れがあるなら正直に記載する

他社からのお借入額各種必要事項の中で、最も偽ってはいけない部分はここかもしれません。

もし、他社からの借り入れをしている場合は、件数・金額ともに偽ることなく、正直な数値を記載することがポイントです。

というのも、クレジットカード会社は【個人信用情報機関】に加盟しており、借金に関する情報はもちろんのこと、以下のようなクレジットカード申込者の信用情報についてもつぶさに確認することができるためです。

  • 過去にブラックリスト状態でなかったかどうか
  • 入金(支払い)履歴
  • 他社クレジットカードの保有状況
  • クレジットカード申し込み件数

すでにお分かりの通り、もはや申請情報を偽る余地はありませんね。嘘を記載した分だけ、信用を落としてしまうことになります。

ただし、ここで言う借金の情報に関しては、住宅ローンは含まれませんので、その点は安心してください。

リボ払いの選択

自動リボ払いコース必要事項の記載を進めていくと、『自動リボサービス申し込み』という項目が出てきます。この自動リボを申し込むことによってポイント還元がある旨も記載されていますが、結局支払い手数料のことを考慮に入れると、そこまでメリットはありません。

リボ払いをしていく上では、相応の手数料が必要となります。どうしても資金繰りに困っているとか、大きな買い物をした上で、毎月の支払額を軽減したいという場合以外には、選ばない方が無難と言えます。

リボ払いの注意点

楽天カードがリボ払いのメリットとして記載している内容に、以下のようなものがあります。

  1. リボ払いを指定することで、毎月5,000円〜+リボ手数料で購入可能
  2. 請求書確認後でも、最長20日までリボ払いへの変更ができるため、急な出費も心配不要
  3. 「自動リボ」に登録すれば、1回払いで購入しても支払いはリボ払い。まとめての支払いも可能

つまり、リボ払いのメリットとしては、毎月の支払い額を軽減することができること。そして、いつでもまとめての支払いに変更できることが挙げられます。

ただし、リボ払いを選択する上では、きちんと毎月の支払い額や手数料を把握するように努めましょう。億劫だからといって自己管理を怠ると、「トータルでみて想像以上の手数料を支払ってしまっていた」というような事態になりかねません。

やはり節約効果を上げるという面においては、リボ払いを一切利用しないに越したことはないですよ。

口座振替の設定

楽天カード決済分の引き落としに関する設定です。口座振替先に指定したい銀行口座の情報を手元に準備しておきましょう。

ご利用代金お支払い口座』の項目では、そのままインターネット上で手続きを進めるか、後日郵送で手続きをするかを選ぶことができます。

何事もそうですが、後回しにしてしまうと結局億劫になってしまうため、その場でまとめて手続きしてしまうのが良いですね。

対応している銀行を選んで手続きを進める

楽天カードの口座振替に対応している銀行は以下の通りです。

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • 地方銀行
  • 信用金庫
  • 労働金庫

基本的にど引き落とし口座でも問題ありませんが、楽天銀行を利用しているのであれば、ハッピープログラムによって楽天スーパーポイントが貯まることを考えるとやはり、楽天銀行に指定するのがおすすめです。

口座登録手続き』は、選択した金融機関のサイトに移動して進められます。画面上の指示にしたがって、必要事項を入力していきましょう。

入力途中で金融機関のサイトを閉じてしまうと、はじめからの申し込みになってしまうことには注意が必要ですよ。

楽天カードの審査にかかる時間

一通り手続きを終えて気になるのが、楽天カードは審査にどれくらいの時間を要するのかということではないでしょうか。

楽天カードに申し込み後、審査終了後までにかかる時間は短い方で数十分程度、長い方だと1週間程度かかることもあります。両者にはかなりの開きがありますが、これはおそらく、以下のような理由によるものと予測できます。

  • 審査が数十分程度で終わる人:申請内容が良好かつ信用情報がクリア
  • 審査に1週間程度かかる人:申請内容や信用情報についてより深く調べる必要がある

つまり、楽天カードの審査にかかる時間は一様ではなく、申込者の申請内容や信用情報における信頼度合いによって変わるということが言えそうです。

過去に一度も分割払いやクレジットカードを発行したことがない方などは、過去の信用情報がないということもあり若干時間がかかる場合もあります。

過去の信用情報に特に問題のない方であれば、申し込み後すぐにでも審査通過の回答が得られるかと思います。

ただし、土日祝日に関してはクレジットカード会社が営業していないため、そもそも審査が進みません。エントリーしたタイミングが土日祝日であった場合、次の営業日より審査がスタートすると思っておきましょう。

審査状況の確認方法

仮に数日を経過しても審査通過の連絡がなければ、どういう状況かとそわそわしてしまう方もいるかと思います。そんな時には、以下のいずれかの方法で審査状況を確認してみましょう。

  • 楽天カード申し込み時に送られてくるメールに記載されているURLから確認する
  • 楽天の公式ホームページから確認する

カード申し込み受付ID、生年月日、携帯電話番号の下4桁を入力することで、あなた自身が今、以下のうちのどの段階にいるのかを知ることができます。

  1. WEB受付
  2. 審査
  3. 本人確認
  4. 可否判定
  5. カードの発行
  6. 開始手続き・カードの追加

ちなみにカード審査を無事通過し、③の本人確認で問題がなければ、いよいよカードの発行となり、「通常1週間程度で自宅にカードをお届けします」という内容が記載されたメールが届きます。

あとは楽天カードの到着を待つだけですね。年末年始休暇やゴールデンウィークなどをはさむ場合は、1週間を超えての到着となる場合もあるため、その点は考慮しておきましょう。

楽天カードに申込むなら入会特典を獲得しよう!

楽天カード入会キャンペーン楽天カードに初めて申し込みをする方であれば、入会特典として大量ポイントを獲得するチャンスがあります。ポイントは現金と同様なので、これを活用しない手はありません。

ここでは、楽天カードの入会特典についての詳細や、入会特典を獲得する上で注意したいことなどをまとめていきます。

最悪の場合、せっかく楽天カードを発行したにもかかわらず、特典をもらわずじまいに終わるというケースにもなりうるので、ぜひ以下を読み進めていただき、潤沢なポイントをゲットしてくださいね。

基本は5,000ポイント!タイミングがよければ8,000ポイント

8000ポイントキャンペーン楽天カードの新規申し込みで得られる入会特典のポイントですが、基本的には5,000ポイントが付与されるかたちとなっています。ただし、この入会特典が8,000ポイントにアップしているタイミングがあることを知っておきましょう。

5,000ポイントと8,000ポイントでは3,000ポイントもの開きがあります。同じ条件でカードを発行するのであれば、8,000ポイントの方が良いのは言うまでもありません。

8,000ポイントのタイミングは明確に決まっていませんが、いつかチャンスは巡ってくるので、急ぎで発行しなければならないという事情がないのであれば、じっくりと時が満ちるのを待つのも良いでしょう。

3,000ポイントの差を埋めようと思えば、1%の基本還元率で計算すると、300,000円分の決済が必要ということになりますからね。

8,000ポイントがもらえる時期や内容は『楽天カードに入会で8,000ポイントがもらえる時期を徹底解説!次の開催予測を紹介』で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
楽天カード
楽天カードに入会で8,000ポイントがもらえる時期を徹底解説!次の開催予測を紹介 年会費無料で1%の還元率を誇り、ポイントがザクザク貯まると評判の楽天カード。楽天カードマニアの私も実際に毎月ザクザクと楽天ポイン...

入会特典ポイントの内訳と受け取り方法

さて、楽天カードの入会ポイントをきちんと受け取るためには、定められた条件を満たす必要があります。ここでは、その条件についてみていくことにしましょう。

そもそも、入会特典ポイントは2種類に分かれており、それぞれの獲得条件が異なります。気になるその内訳は以下の通りです。

  • 入会特典として2,000ポイント
  • 初回利用特典として6,000ポイント ※8,000ポイントの場合

5,000ポイントのタイミングでのエントリーなら、初回利用特典は3,000ポイントになります。以下、それぞれのポイントの獲得方法をまとめました。

入会特典ポイント

楽天カードでもらえる入会特典ポイントは、入会を済ませただけでは付与されません。以下の流れを踏むことで、もれなく入会特典ポイントの付与を受けましょう。

  1. 楽天カードが自宅に届く
  2. 楽天e-NAVIというサイトで登録を済ませる
  3. 「入会特典ポイントを受け取る」というバナーをクリックする

ここまでを終えれば、おおよそ5日程度で、2,000ポイントの楽天スーパーポイントが反映されますよ。

初回利用特典ポイント

比較的ボリュームの大きいこちらのポイントは、実際に楽天カードを利用することで獲得に至ります。以下の諸条件を確認しておきましょう。

  • 条件:1円以上の決済を楽天カードで行う
  • カード利用期限:楽天カード申し込み日の翌月末まで
  • ポイント付与のタイミング:初回利用日の翌月20日頃
  • 利用期限:付与されてから1ヶ月程度(期間限定ポイント)

1円以上の決済で条件クリアできるのはありがたいですね。注意すべきは、カードの利用期限が設けられていることです。

たとえば、4月に楽天カードの申し込みをした場合、5月末までにカードの利用がなければ、初回利用特典ポイントはおじゃんになってしまいます。

8,000ポイントのキャンペーン中であれば、初回利用特典ポイントで付与されるのは6,000ポイントです。6,000ポイントをみすみす逃してしまうと泣くに泣けないので、楽天カードが到着次第、何かしらの決済をしておくようにしましょう。

初回利用特典は期間限定ポイント

もう一つの注意点として、初回利用特典が期間限定ポイントとして付与されることを追記しておきたいと思います。

楽天のポイントには、通常の楽天スーパーポイントの他に、期間限定ポイントというものがあります。

  • 楽天スーパーポイント
    楽天系列で使えるのはもちろん、ANAマイルや楽天Edyに交換することが可能。ポイントの利用がある度に、1年間の有効期限が付与されるため、実質無期限での利用ができる。
  • 期間限定ポイント
    基本的に楽天系列でしか利用できず、ANAマイルや楽天Edyへの交換は不可。有効期限の延長はなく、ポイントごとに有効期限が定められている。おおよそ1ヶ月程度なので、失効してしまわないように注意が必要。

以上を踏まえると、期間限定ポイントに関しては、あらかじめ用途と使用するタイミングを決めておくのが良いかもしれません。

ポイントが反映されるまでにタイムラグがあるため、楽天PointClubのアプリを活用するなどして、有効期限をしっかりと把握しておきましょう。せっかく得たポイントを失効してしまわないように気をつけてくださいね。

まとめ

楽天カードは、楽天会員IDを持っている方であれば誰でもエントリーすることができます。

クレジットカードの審査に不安を覚える方もいるかもしれませんが、楽天カードは他のクレジットカードと比べ、そこまで審査が厳しくないという声が多いのも事実です。

ぜひ、本記事を参考にしていただき、楽天カードの発行手続きを進めてみてください。見事審査を通過した後は、入会特典のボーナスポイントをしっかりと享受するのを忘れないように!